--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007/11/15 (Thu) 13:56
最後の冬

この冬最後のバーゲンセール 女の子たちで賑わうブティック
不意に視界遮る 背の高いシルエット ゆっくり見上げた瞳の中に
あの日のままのあながいた 想い出より遠く誰よりも近く
やっとのおもいで言えた言葉は「こんにちは」のたった一言だけ

なぜ二人はここで また出会ってしまったの?
ねぇ あなたは今何を思っているの?

すれ違った後で彼女の背を優しく押しながら
店を出てく 後ろ姿に
当たり前だけどもうあなたはあなたの
時間を生きてることが不思議だったの

振り返らないのは彼女のため?それとも
まだ戸惑い隠せない私のためなの?

本当はあの日からずっと心のどこかで
私はこの日を待っていたのかもしれない

あなたとの間を人の波が埋めてく
やがて二人の想い出も時に埋もれていく・・・


http://ontembaar.269g.net/曲は女の子目線で歌っているんですが
置き換えてみると男の子目線にもなります。

いつかは想い出も忘れていくんだろうな。
でもそれも仕方ないことなんでしょうね。

人の心はうつろうもの。
ずっとおんなじ気持ではいられないものなのかもしれません。
悲しいけど前を見て歩くことが大事ですね。

いい加減しっかりしないとね。
がんばぁ!
スポンサーサイト

<< ちょっといいこと | ホーム | 昨日の大阪での疲れか? >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。